1. HOME
  2. アップマガジン

アップマガジン

営業のあり方で選ぶリフォーム業者

2019年06月12日アップマガジン

千葉市、四街道市、佐倉市、八千代市、習志野市、船橋市にお住いの皆様へ!

リフォーム会社に仕事を依頼するときにまず対面するのが営業の担当者です。その様子を見て付き合いやすいかどうかを判断しておくとリフォーム会社選びに成功するでしょう。その際に大切にすると良い視点を理解しておくのが重要です。

                                                                                                    

 

コミュニケーションの取りやすさが大切
リフォームをする上で重要になるのが営業の担当者とうまく付き合っていくことです。会社の代表として施工内容の紹介を行ったり、具体的なプランを提案してくれたりする人になるため、コミュニケーションが取りやすい営業担当者の会社を選ぶのが賢明です。どのようなリフォームにするかを打ち合わせしていく中では無理を言いたくなる場合もあります。わからないことがあって丁寧な説明を求めたいときもあるでしょう。その際に気軽にお願いできる担当者でなければ我慢を強いられるリフォームになってしまう可能性があります。言いたいことを自由に言えてコミュニケーションを円滑に取れる営業担当者を選んで、仕事を依頼するリフォーム会社を選ぶのがポイントです。

営業活動にあまり熱心でないのがポイント
大抵のリフォームの営業担当者は自社のサービスを熱心に勧めようとします。他社にはないサービスがあるからこそ勧めたいという気持ちや、ノルマがあって達成しなければならないという気概が生み出してしまう傾向です。しかし、それが付き合いづらさを生んでしまう可能性があると留意しておきましょう。自分はこうしたいと決めたのに、他の可能性を提案されてはなかなか話が進みません。一方で、完全に言われるがまま、何も提案してくれないのも不安をもたらしてしまう可能性があります。そのバランスが取れている点が重要であり、営業活動にあまり熱心でない程度の営業担当者であると適度におすすめを紹介してくれるでしょう。話していてサービス内容の紹介が多すぎると感じない営業担当者ならストレスなく話を進めていけると期待できます。

見積金額の引き方に注意
数多くの顧客を獲得してきた営業担当者なら上手なコミュニケーション能力があって見積もりを取る段階にまで至ることが多くなります。実際に良い担当者だと思って付き合ってきて、見積もりを取る段階になると気を抜いてしまいがちになるので注意しましょう。リフォームの見積もりは各社で大きく異なります。少しでもお得感を出そうと割引を目立たせる見積書を用意する営業担当者もいますが、そういった仕掛けがしてあったら依頼を一歩踏みとどまるのが安全策です。そうまでしてお得感を出さなければ顧客が獲得できないようなリフォーム会社の場合、いかに営業担当者が良くても施工内容が良くないリスクがあります。他の業者も比較して本当に安心な会社かを確認しておきましょう。

 

 

一覧| >